ルイ・ヴィトンとナイキによる「エアフォース 1」のエキシビションがNYで開催。厳選された9モデルが6月に一般発売へ
拡大する(全4枚)
ルイ・ヴィトンは、ルイ・ヴィトンとナイキによる「エア フォース 1」 by ヴァージル・アブローの発売を記念したイベントをニューヨークで開催します。

本アイテムは、2022春夏メンズ・コレクションの一部として初めて発表され、5月20日から31日まで(一般公開は5月21日から)、ニューヨークで開催されるエキシビション「ルイ・ヴィトンとナイキによる『エア フォース 1』 by ヴァージル・アブロー」(Louis Vuitton and Nike "Air Force 1" by Virgil Abloh)において、ヴァージル・アブローがデザインした「エアフォース 1」の全47モデルが一般公開されます。

ルイ・ヴィトンとナイキによる「エアフォース 1」のエキシビシ...の画像はこちら >>
©Louis Vuitton
本エキシビションは、ヴァージル・アブローの夢のような表現を土台にした空間体験です。2018年から2021年までルイ・ヴィトンのメンズ アーティスティック・ディレクターを務めたヴァージルは、一貫して、人工的な制限を超越した世界を想像するよう観客に挑み続けました。ファッションを変革のためのツールとして採用した同デザイナーは、人々が子供のような展望と再び繋がりを持ち、人間や物質的価値に関する先入観が排除された文化を構築することを望んでいました。ルイ・ヴィトンでは、「ハイ & ロー」の意味を問い続け、そのアティチュードは、ヴァージルが創り出すすべてのイメージやデザインに反映されてきました。ヒップホップによって形成されたストリートウエア コミュニティ出身のハイファッションデザイナーとして、ヴァージル・アブローは2つの領域の境界線を消し去り、自らのプラットフォームを利用して、黒人のサブカルチャーがメインストリームファッションに与えてきた歴史的影響への称賛を成し遂げたのです。彼の作品は何よりもまず、人間性と団結がテーマでした。

この記事の画像

「ルイ・ヴィトンとナイキによる「エアフォース 1」のエキシビションがNYで開催。厳選された9モデルが6月に一般発売へ」の画像1 「ルイ・ヴィトンとナイキによる「エアフォース 1」のエキシビションがNYで開催。厳選された9モデルが6月に一般発売へ」の画像2 「ルイ・ヴィトンとナイキによる「エアフォース 1」のエキシビションがNYで開催。厳選された9モデルが6月に一般発売へ」の画像3 「ルイ・ヴィトンとナイキによる「エアフォース 1」のエキシビションがNYで開催。厳選された9モデルが6月に一般発売へ」の画像4