アンディ・ウォーホル映画の回顧展開催。代表作品13本をオリジナルフォーマット上映

アンディ・ウォーホル映画の回顧展開催。代表作品13本をオリジナルフォーマット上映
アンディ・ウォーホル映画作品『チェルシー・ガールズ』
       
ポップアーティスト、アンディ・ウォーホル(Andy Warhol)の映画回顧展が、東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムにて2月15日から28日まで開催される。

絵画、広告、デザイン、音楽、思想など多くのカルチャーに影響を及ぼしたウォーホルだが、映画も当時の美術・映画表現に衝撃を与えた。今回は、日本では約20年ぶりとなるウォーホルの代表作品13本を、すべてオリジナルフォーマットである16mmフィルムで上映。映写スピードも同時上映時のものを再現する。

プログラムAは、現代美術家のロバート・インディアナ(Robert Indiana)がマッシュルームを食べるところを延々と撮影したサイレント作品『イート(EAT)』と、様々なキスシーンのみを映し出す『キス(KISS)』を上映。

プログラムBは詩人ジョン・ジョルノ(John Giorno)の寝姿を撮影した『スリープ(SLEEP)』と、エンパイアステートビルを20時から夜明けに掛けて映し出した、ウォーホル映画の中で最も伝説的な作品『エンパイア(EMPIRE)』の2本。

プログラムCは、キュレーターのヘンリー・ゲルツァラー(Henry Geldtzahler)がソファでシガレットをくわえる動きをスローモーションで映写する『ヘンリー・ゲルツァラー(HENRY GELDTZAHLER)』、プログラムDはファッションモデルのイーディ・セジウィックをフィーチャーした『ビューティー(BEAUTY)#2』、プログラムEはウォーホル映画で最も商業的成功をおさめた『チェルシー・ガールズ(CHELSEA GIRLS)』を上映。

あわせて読みたい

FASHION HEADLINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年1月24日のファッション記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。