アンディ・ウォーホル最大回顧展、森美術館で開幕。シルバーファクトリー、タイムカプセル等集大成

アンディ・ウォーホル最大回顧展、森美術館で開幕。シルバーファクトリー、タイムカプセル等集大成
ウォーホルのポートレート
       
森美術館は2月1日から5月6日まで、国内史上最大の回顧展「アンディ・ウォーホル展:永遠の15分」を開催する。1月31日に、内覧会が開かれた。

本展は、日本で過去最大となるウォーホルの回顧展。タイトル「永遠の15分」は、「将来、誰でも15分は世界的な有名人になれるだろう」というウォーホルの有名な言葉に由来したもので、20世紀アメリカの世相を体現したかのような、初期から晩年までの作品が包括的に紹介される。アメリカ・ピッツバーグのアンディ・ウォーホル美術館が所蔵する作品約400点を展示し、さらに「タイムカプセル」と称した箱に収められた、ウォーホルの私物約300点も公開する。

場内は9セクションに分けられ、冒頭では「ウォーホルとは何者なのか?」をベースに、少年時代から商業デザイナーとして活躍した時期を経て、アーティストとして成功し87年に他界するまでの、ウォーホルのポートレートを一堂に展示。1986年に制作された、トレードマークのシルバーウィッグを被ったシルクスクリーンの自画像が、来場客を迎える。

第2セクションでは50年代イラストレーター、商業デザイナーとして活躍した時代の、ファッション誌や広告で手掛けた作品を展示。婦人靴の広告用のイラストや靴型にペイントを施した作品なども見られる。当時ウォーホルが多用したドローイング技法「ブロッテド・ライン(しみつきの線)」は、反復や転写による複数生産を可能にし、シルクスクリーン作品の原点となった。ウォーホルは広告で賞を受賞しており、成功の理由を垣間見れるセクションとなっている。

あわせて読みたい

FASHION HEADLINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年1月31日のファッション記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。