LAのソーダスタイルが日本初上陸。表参道に期間限定ショップオープン

LAのソーダスタイルが日本初上陸。表参道に期間限定ショップオープン
(左から)ストロベリーレモネード、ブライトアイズ、キューカンバーレモネード、ルバーブストロベリーソーダ、コーヒーソーダ
※諸事情により、オープンが中止となりました。(7月28日編集部追記)

東京・表参道に日本初のソーダ専門店「ソーダストリーム イン BC426(SodaStream in BC426)」が、8月1日から17日までの期間限定でオープンする。住所は東京都渋谷区神宮前4-26-18原宿ピアザビル1・2階。営業時間は9時から21時まで。

1903年に創設したソーダストリーム社は、家庭用炭酸マシンを開発。現在、世界45ヶ国、約6万店舗で販売されている。日本には2011年に上陸。今回はソーダストリーム社が、L.A.のトレンドである“自由にソーダを楽しむ文化”を日本に広めることを目的として本ショップをオープン。飲食店として店舗展開をするのは今回が初めての試みである。

6月19日に行われた試飲会には、サンタモニカにあるレストラン「トゥルー・フード・キッチン(True Food Kitchen)」でソーダバーテンダーとして活躍するルーク・バイソンが登場。メニューとして提供されるソーダを、美味しく作るコツなどを交えながらデモンストレーションを行った。

L.A.では定番の味「キューカンバーレモネード」は、爽やかな味わいのレモネードにスライスしたキューカンバーがトッピングされた、ヘルシーなドリンク。クールダウンしたい時にピッタリな爽快感をもたらす。「ブライトアイズ」は色鮮やかなオレンジカラーが特徴。生姜、にんじん、イエロービーツ、レモン、梨シロップをジューサーに掛け、微炭酸ソーダで割る、素材の美味しさを楽しめるソーダだ。「ルバーブストロベリーソーダ」は生薬“ルバーブ”のシロップとストロベリーを使用した酸味が爽快な一品。「コーヒーソーダ」は、エスプレッソにシロップを加え、ソーダで割るという意外な組み合わせ。甘みは強いが、後味にコーヒーの苦みが香る。「ストロベリーレモネード」は、ストロベリーキウイシロップを用いたフルーツテイスト。ストロベリー味のアイスと一緒に提供され、溶かしながら飲むのが特徴。

あわせて読みたい

FASHION HEADLINEの記事をもっと見る 2014年6月20日のファッション記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。