篠山紀信らが35歳までに撮影した作品を展示、東京都写真美術館で展覧会開催

 清里フォトアートミュージアムが、芸術における青年期の意義を問う展覧会「原点を、永遠に。ー2018―」を恵比寿の東京都写真美術館で開催する。会期は3月24日から5月13日まで。





青年期の意義を問う展覧会が開催の拡大画像を見る

 「原点を、永遠に。ー2018―」は、清里フォトアートミュージアムの1万点におよぶコレクションの中から409点を厳選した収蔵作品展。篠山紀信や荒木経惟、ウイリアム・クラインといった1800年以降の著名な海外作家、第二次世界大戦以後の日本を代表する作家、「ヤング・ポートフォリオ」によって収蔵された写真家など95人の作品を展示。35歳までに撮影された作品に限定して紹介される。 


 清里フォトアートミュージアムでは、開館当初から「ヤング・ポートフォリオ」と題しプロ、アマチュアを問わず世界中の若者たちに向けて毎年公募を行い、優れた作品を後世に残す活動を実施。2017年までに世界74カ国からのべ1万人を超える応募があり、22年間の応募総数は128,831点、コレクションは5,974点に及ぶ。





■清里フォトアートミュージアム収蔵作品展「原点を、永遠に。―2018―」開催場所:東京都写真美術館 地下1階展示室開催期間:2018年3月24日(土)~5月13日(日)休館日:毎週月曜日※4月30日、5月1日は開館開館時間:10:00~18:00(ただし木・金は20:00まで)*入館は閉館の30分前まで入場料:無料出品作家:アンセル・アダムス、マヌエル・アルバレス・ブラボ、荒木経惟、ビル・ブラント、ブラッサイ、ロバート・キャパ、アンリ・カルティエ=ブレッソン、ロベール・ドアノー、エリオット・アーウィット、ロバート・フランク、藤原新也、ルイス・ハイン、細江英公、石元泰博、岩合光昭、ユーサフ・カーシュ、川田喜久治、アンドレ・ケルテス、鬼海弘雄、ウイリアム・クライン、森山大道、奈良原一高、野町和嘉、アーヴィング・ペン、篠山紀信、W. ユージン・スミス、アルフレッド・スティーグリッツ、田沼武能、立木義浩、東松照明、植田正治、エド・ヴァン・デル・エルスケン、エドワード・ウエストンほか 全95人

あわせて読みたい

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る 2018年1月31日のファッション記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。