「六本木アートナイト」が今年も開幕 "アート好き"片瀬那奈が祝福

 六本木の街を会場にした一夜限定のアートイベント「六本木アートナイト2018」の開幕に先立ち、5月24日にプレスプレビューが開催された。ゲストとして女優の片瀬那奈が登壇し、イベントの魅力を語った。




「六本木アートナイト」が今年も開幕の拡大画像を見る

 今年のテーマは「街はアートの夢を見る」。これまでメインアーティストは1組のみをフィーチャーしていたが、今年はメイン会場となる六本木ヒルズ、国立新美術館、東京ミッドタウンそれぞれで異なるアーティストを起用した。


 六本木ヒルズでは金氏徹平が「タワー」を発表。ハイブリッドなコラージュ彫刻を舞台にミュージシャンのオオルタイチと柴田聡子、ダンサーの島地保武、女優の青柳いづみ、アーティストのコンタクトゴンゾ(contact Gonzo)などによるパフォーマンスと融合した即興的な作品となる予定だ。国立新美術館には、日常的な物質を使った作品で知られる鬼頭健吾の「hanging colors」と「broken flowers」を展示。「hanging colors」は黒川紀章が設計した同館のガラスのファサードに沿って20メートルの布40本でカラフルな滝を演出し、「broken flowers」では正面玄関前に敷き詰めた4,500枚の手鏡に花の映像をプロジェクターで投影した幻想的な空間が体感できる。東京ミッドタウンには宇治野宗輝がタクシーの車体や三角コーンといった道路にあるもので作った「ドラゴンヘッド・ハウス」を公開。ワイパーやドアミラーは動く仕組みになっており、それに伴う音を楽しむサウンド・スカルプチャに仕上げる。このほか、ドイツ・シュトゥットガルトを拠点に活動するパペットシアター・カンパニーのドゥンドゥ(DUNDU)が日本初上陸。LEDを仕込んだ5メートルの巨大パペットによる幻想的な屋外パフォーマンスを披露する。


あわせて読みたい

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る 2018年5月24日のファッション記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら