「京都市京セラ美術館」2020年にリニューアルオープン、設計を担当する建築家の青木淳が新館長に

「京都市京セラ美術館」2020年にリニューアルオープン、設計を担当する建築家の青木淳が新館長に
外観イメージ Image by: 京都市美術館
 京都市美術館(通称=京都市京セラ美術館)が、2020年3月21日にリニューアルオープンする。設計は建築家の青木淳と西澤徹夫が担当。またリニューアル事業の設計段階から深く関わってきた青木は、4月1日付で新館長に就任した。【合わせて読みたい】東京都現代美術館、3年間の休館を経てリニューアル 【画像をもっと見る】

 同館は京都で挙行された即位の大礼を記念し、1933年に「大礼記念京都美術館」として開館。第二次世界大戦中は重要な作品の一部を嵯峨の大覚寺などに疎開させながら美術館活動を継続した。戦後1946年から1952年までは連合国軍総司令部(GHQ)に敷地全体が接収され、解除後に「京都市美術館」へと改称。以降は「ルーヴル国立美術館所蔵フランス美術展」(1955年)や「ミロのヴィーナス特別公開」(1964年)、「ツタンカーメン展」(1965年)などを行ってきた。

 今回のリニューアル事業は、2015年に策定した「京都市美術館再整備基本計画」に基づき行われるもので、老朽化をはじめとした諸課題の解決するとともに、同館の目標である「将来的に国の文化財に登録されること」の実現を目指す。事業の主旨に賛同した京セラは同事業のために約50億円を負担している。また、50年間にわたるネーミングライツ契約を締結。通称を「京都市京セラ美術館」とし、本館を2017年から休館するなどリニューアルに向けて準備が進められている。


あわせて読みたい

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年4月17日のファッション記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。