腕時計専門店「ウォッチ・ドット」が前身、ラオックス新宿東口店が閉店

腕時計専門店「ウォッチ・ドット」が前身、ラオックス新宿東口店が閉店
ラオックス公式サイトより

 腕時計&ジュエリー専門店「ラオックス新宿東口店」が、8月15日をもって閉店すると発表した。

【画像をもっと見る】

 同店は、ラオックスと中国の家電量販最大手 蘇寧電器股份公司の提携による国内店舗事業の第1弾として2010年4月にオープンした「ウォッチ・ドット(WATCH.)」が前身。1階から7階までの7フロア構成で、オープン当時は日本最大級の時計専門店として、国内ブランドから海外高級ブランドまで1万点超の腕時計を取り揃えていた。2017年4月には名称を現在のラオックス新宿東口店に変更。また、香港を拠点とする大手ジュエリー販売店「周大福(しゅうたいふく)」を1階に誘致していた。閉店理由については非公開としている。

【あわせて読みたい】日本橋三越本店の時計サロンが約2.5倍に拡大、ギャラリーのような空間を設計

あわせて読みたい

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る 2019年8月15日のファッション記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら