落合陽一がライカで撮影した作品を展示、1日限定でプラチナプリントのワークショップも

落合陽一がライカで撮影した作品を展示、1日限定でプラチナプリントのワークショップも
湿った光に絡みつく情念と自然 © Yoichi Ochiai
       

 ライカカメラジャパンが、メディアアーティスト 落合陽一の写真展「情念との反芻 - ひかりのこだま、イメージの霊感 - 」をライカプロフェッショナルストア東京で開催する。入場無料で、会期は9月5日から10月12日まで。

【あわせて読みたい】落合陽一が総合監修、計算機をフィーチャーした日本科学未来館の新しい常設展示が今秋公開へ

【画像をもっと見る】

 落合陽一は1987年生まれ。東京大学大学院学際情報学府の博士課程を修了し、博士号を取得している。イメージと物質、自然と計算機の境界を探求し、計算機科学、応用物理、メディア芸術の枠を越境するメディアアーティストとして活動する傍ら、写真制作活動にも取り組んでおり、今年の1月には初の写真集「質量への憧憬」を発売した。

 今回の写真展では、「ライカM10-P」「ライカM10-D」「ライカSL」とライカレンズで撮影された作品17点とプラチナプリント3点および立体作品を展示。会期中の9月28日には、プラチナプリントの制作プロセスを体験できるワークショップを開催する。プラチナプリントの第一人者である久保元幸を講師に迎え、特別ゲストとして落合本人も参加。定員は5人で、9月14日まで参加申し込みを受け付けている。

■情念との反芻 - ひかりのこだま、イメージの霊感 - 会期:2019年9月5日(木)~10月12日(土)場所:ライカプロフェッショナルストア東京住所:東京都中央区銀座6-4-1 東海堂銀座ビル2階電話番号:03-6215-7074時間:11:00~19:00定休日:日・月曜入場料:無料■ライカアカデミー プラチナプリント ワークショップ日時:2019年9月28日(土)13:00~17:00(12:30 受付開始)場所:ライカプロフェッショナルストア東京講師:久保元幸特別ゲスト:落合陽一定員:5人 ※応募者多数の場合は抽選参加費:税込6万4,800円 ※1人1点のプラチナプリント制作費込み(紙サイズ11×14インチ)参加条件:当日プリントする画像データ2点を事前に提出 ※ライカカメラで撮影されたデジタルデータのみ申込先・問合せ先:ライカプロフェッショナルストア東京公式サイト

当時の記事を読む

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月31日のファッション記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。