原宿のコンセプトスペース「VACANT」が12月末に営業終了、10年にわたり運営
拡大する(全1枚)
バカント公式サイトより

 原宿のコンセプトスペース「バカント(VACANT)」が今年の12月末で営業を終了する。

【画像をもっと見る】

 バカントは2009年5月にオープン。「人が出会い、創作する場所をつくる」をコンセプトに、数多くのアート展やデザイン展を開催してきたほか、「ナイキラボ(NIKELAB)」のポップアップをはじめ様々なイベントに会場を提供した。2015年から2018年までは1階のスペースにeriが手掛ける「デプトアットバカント(DEPT@VACANT)」のショップインショップがオープン。2018年8月に行ったリニューアルでは、新たにレストラン「VACANT DINER」の営業をスタートした。

 なお、11月2日から4日まではアーティストのシシヤマザキの個展「舕 TONGUE」を開催。12月からクロージングイベントを行う予定だ。

あわせて読みたい】シシヤマザキが個展「舕 TONGUE」がバカントで開催、陶器を使った作品展示も■VACANT住所:東京都渋谷区神宮前3-20-13公式サイト