"野遊びエリア"を備えた「スノーピーク」初の体験型複合施設の名称決定、スタバ店舗などが出店

"野遊びエリア"を備えた「スノーピーク」初の体験型複合施設の名称決定、スタバ店舗などが出店
隈研吾が手掛ける施設内建物の模型 Image by: FASHIONSNAP.COM

 スノーピークが、2020年4月に長野県白馬村に開業するブランド初の体験型複合施設の名称を「スノーピークランドステーション白馬(Snow Peak LAND STATION HAKUBA)」に決定した。11月8日の今日、施設の詳細が記者会見で発表された。

【あわせて読みたい】標高1400mの山岳でゴンドラサウナが楽しめる絶景リラクシングテラス「白馬マウンテンビーチ」がオープン

【画像をもっと見る】

 スノーピークランドステーション白馬は「その土地に深く根付く、人生と野遊びの案内所」をコンセプトに掲げ、白馬エリア観光の中心的な役割を担っていく施設として位置付けるという。エリア内の建物には、白馬観光局インフォメーションをはじめ、国内最大規模となるスノーピークの直営店とレストラン、スターバックス店舗などが入居。レストランはミシュラン3ツ星レストラン「神楽坂 石かわ」を営む石川秀樹がプロデュースし、地元の食材を使ったメニューを提供する。スターバックス初となるフィールド近接店舗では通常メニューの展開に加えて、アウトドアで楽しむコーヒーセミナーの開催を予定。店内の椅子にはスノーピークの製品が採用される。

 施設全体の設計は建築家の隈研吾が担当した。建物は自然素材を活かした作りで、木枠の天井部分には木の枝や雪の結晶をイメージしたデザインを導入。テラスや外のエリアをできるだけ広く確保するほか、窓を大きくすることで建物内外から山岳景観を最大限に楽しめるように工夫される。また施設自体を開かれた構成にすることで、観光客だけでなく地域の人も利用しやすいように設計された。


あわせて読みたい

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る 2019年11月8日のファッション記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。