新生「渋谷パルコ」の内部公開、日常と非日常を繋ぐ次世代型商業施設に刷新

新生「渋谷パルコ」の内部公開、日常と非日常を繋ぐ次世代型商業施設に刷新
「渋谷パルコ」外観 Image by: FASHIONSNAP.COM

 2016年8月に休業に入ってから約3年を経て生まれ変わった「渋谷パルコ(PARCO)」内部が、11月22日のグランドオープンに先駆けて公開された。デザインやアート性、エンタテインメント性の高い専門店を軸に編集した全193店舗を誘致。新たな刺激や楽しさといった体験価値を提案し、グローバルに情報を発信する「次世代型商業施設」を目指すという。

【あわせて読みたい】「渋谷パルコ」はどう変わる?開発責任者が"マーケティング無視"を貫き通した理由

【画像をもっと見る】

 渋谷パルコは地下1階~8階および10階の一部を商業部分、9階を公益施設、12階~18階をオフィスとする地下3階から地上19階で構成。建築設計は竹中工務店、商環境デザインの基本構想はイギリスのデザイン事務所Benoyを起用した。スペイン坂から建物外周をらせん状に10階まで繋げ、渋谷パルコ パートIとパートIIIの間にあった道路にはペンギン通りとオルガン坂を繋ぐ24時間通れる歩行者専用通路「ナカシブ通り」を設置。ナカシブ通りのオルガン坂側2階壁面には、田名網敬一が手掛けたアートウィンドウが展示されている。4階、8階、10階には休憩スペースや四季を感じさせる植栽を配した屋外広場を設け、10階の広場からは今月開業した「渋谷スクランブルスクエア」や12月5日に開業を控える「東急プラザ渋谷」など、渋谷エリアのランドマークを見渡すことができる。


あわせて読みたい

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る 2019年11月19日のファッション記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。