東京2020公式アートポスターが東京都現代美術館で初披露、浦沢直樹や佐藤卓が制作に参加

東京2020公式アートポスターが東京都現代美術館で初披露、浦沢直樹や佐藤卓が制作に参加
「東京2020公式アートポスター展」ポスターヴィジュアル

 東京2020組織委員会、東京都、東京都歴史文化財団の3団体が、「東京2020公式アートポスター展」を東京都現代美術館のエントランスホールで開催する。会期は2020年1月7⽇から2月16日まで。

【あわせて読みたい】清水文太らが参加する東京五輪公式文化プログラムが渋谷で2020年夏開催へ、ディレクターは小橋賢児

【画像をもっと見る】

 東京2020公式アートポスターは、オリンピックやパラリンピックをテーマに国内外のアーティストが制作に参加。オリンピックをテーマに作品を制作したアーティストは、漫画家の浦沢直樹やグラフィックデザイナーの佐藤卓、写真家のホンマタカシ、アーティストのフィリップ・ワイズベッカー(Phillippe Weisbeker)ら計12組で、パラリンピックをテーマにした作品は、漫画家の荒木飛呂彦や写真家で映画監督の蜷川実花、同大会の公式エンブレムを手掛けたアーティストの野老朝雄ら計8人が手掛けた。公式アートポスターは東京2020大会の気運醸成に活用していく。

 展覧会では公式アートポスター全20点を初披露。期間中には制作者によるトークショーも予定しており、開催日時や参加アーティストは決定次第、公式サイトで告知される。

■東京2020公式アートポスター展会期:2020年1月7⽇(⽕)~2月16⽇(⽇)場所:東京都現代美術館 エントランスホール住所:東京都江東区三好 4-1-1時間:10:00~18:00休館⽇:月曜⽇、1月14日※2020年1月13⽇は開館観覧料:無料<参加アーティスト>【オリンピックをテーマとする作品制作者】浦沢直樹(漫画家)/大竹伸朗(画家)/大原大次郎(グラフィックデザイナー)/⾦澤翔子(書家)/鴻池朋子(アーティスト)/佐藤卓(グラフィックデザイナー)/野⽼朝雄(美術家)/ホンマタカシ(写真家)/テセウス・チャン(Theseus Chan・アートディレクター)/クリス・オフィリ(Chris Ofili・アーティスト)/ヴィヴィアン・サッセン(Viviane Sassen・写真家)/フィリップ・ワイズベッカー(Philippe Weisbecker・アーティスト)【パラリンピックをテーマとする作品制作者】荒木⾶呂彦(漫画家)/柿沼康二(書家)/グーチョキパー(GOO CHOKI PAR・グラフィックデザイナー)/新木友⾏(アーティスト)/野⽼朝雄(美術家)/蜷川実花(写真家・映画監督)/森千裕(美術家)/山口晃(画家)公式サイト

あわせて読みたい

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月1日のファッション記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。