「ペッパー」が接客や相席、東急プラザ渋谷にソフトバンクロボティクス初のカフェが誕生

「ペッパー」が接客や相席、東急プラザ渋谷にソフトバンクロボティクス初のカフェが誕生
店内で働く「ペッパー」 Image by: FASHIONSNAP.COM

 ソフトバンクロボティクスが、「ペッパー(Pepper)」をはじめとする様々なロボットが人と共に働くラウンジカフェ「ペッパーパーラー(Pepper PARLOR)」を12月5日に開業する東急プラザ渋谷5階に出店する。

【あわせて読みたい】新生「東急プラザ渋谷」は40代以上がターゲット、年を重ねても楽しめる街に

【画像をもっと見る】

 ペッパーパーラーではロボットがスタッフとして働きながら、来店者にエンターテインメントを提供。ソフトバンクロボティクスが目指す「人とロボットの共生」を体感できる場として、ロボットの進化やロボットと暮らす未来が気軽に感じられる空間を目指すという。ブランドプロデュースはコーポレートブランディングや店舗プロデュースなどのコンサルティング業務を請け負う柴田陽子、内装デザインは「東急プラザ渋谷」の商環境デザインを手掛けたデザイナーの森田恭通、メニュー監修は「THE BURN」料理長の米澤文雄、ウォールデザインは左官職人の久住有生、店内のグリーンプロデュースはグリーンアーティストの尾藤祐子が担当するなど国内外で活動するメンバーが参画している。

 全162席を用意した店内には注文を受け付けるペッパーや、相席をして来店者をもてなすペッパーなど約9体を設置。このほか、二足歩行ロボット「ナオ(NAO)」や、営業時間前に店内を清掃するAI清掃ロボット「ウィズ(Whiz)」などが店内で働く。なお、ロボットに加えて人間のスタッフは20~30人程が常時店内にいるという。メニューは「世界を旅するグルメ&スイーツワッフル」をコンセプトに、世界の国々をイメージしたワッフルやドリンク、ヴィーガンメニューなどを提供する。


あわせて読みたい

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月3日のファッション記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。