シャネルやギャルソンの古着を藍染で再利用、沖縄拠点の「ボクハクマ」が本格始動

シャネルやギャルソンの古着を藍染で再利用、沖縄拠点の「ボクハクマ」が本格始動
コレクションの一部 Image by: BOKU WA KUMA

 「ガルシア・マルケス(GARCIA MARQUEZ)」創業者の石丸圭子によるリメイクを中心とした新ブランド「ボクハクマ(BOKU WA KUMA)」が本格始動する。これまではポップアップストアとオンラインストアのみでの販売だったが、2020年1月に1号店を那覇市に出店する予定で、エコにも貢献するアイテムを通じて古着や藍染の魅力を発信していく。

【あわせて読みたい】ギャルソンやエルメスなどの古着を販売、ベイクルーズ新業態がオープン

【画像をもっと見る】

 石丸は、1999年に表参道にヨーロッパのヴィンテージアイテムのリメイクを中心に扱うショップ「ガルシア・マルケス」を石丸アキヒコと共同でオープン。2007年秋からは「クリスタルボール(Crystal Ball)」にブランド名を改め、ボストンテリアのキャラクター「ヒッピー」をあしらったアイテムを中心に販売してきたが、2010年にブランドを売却し、石丸は沖縄県に拠点を移した。

 ボクハクマを立ち上げたきっかけは、タイ・バンコクの旅行中に出合った藍染。着心地の良さや色合いの美しさに魅了され、サコンナコーンの藍染工房を訪問した際には石丸自身の古着を染めてもらったという。これらの体験から、古着と藍染を掛け合わせることでサステナビリティーにも貢献できると考え、2019年6月にリメイクブランドとしてボクハクマを設立。これまでに那覇市百貨店「リウボウ」やショッピングモール「那覇OPA」などにポップアップストアを出店した。


あわせて読みたい

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ディオール」のニュース

次に読みたい関連記事「ディオール」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ルイ・ヴィトン」のニュース

次に読みたい関連記事「ルイ・ヴィトン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「プラダ」のニュース

次に読みたい関連記事「プラダ」のニュースをもっと見る

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月9日のファッション記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。