相対性理論やくしまるえつこの衣装展が開催、落合宏理や山縣良和が手掛けたドレスを展示

相対性理論やくしまるえつこの衣装展が開催、落合宏理や山縣良和が手掛けたドレスを展示
「YXMR FASHION RESEARCH / やくしまるえつこ衣裳展」メインヴィジュアル

 音楽家やくしまるえつこの衣装にフォーカスした展覧会「YXMR FASHION RESEARCH / やくしまるえつこ衣裳展」が、12月11日から六本木ヒルズ森タワー52階の東京カルチャーリサーチで開催される。これまでオリジナル衣装を手掛けた「ファセッタズム(FACETASM)」の落合宏理、「リトゥンアフターワーズ(writtenafterwards)」の山縣良和、「シナ スイエン(SINA SUIEN)」の有本ゆみこの作品を、デザイナーごとに期間を分けて展示する。

【あわせて読みたい】リトゥンアフターワーズ山縣良和が絵本「ぼくは0てん」を出版、構想に約10年

【画像をもっと見る】

 やくしまるはアーティスト兼プロデューサーとして「相対性理論」など数々のプロジェクトを主宰している。ライブなどで着用するオリジナル衣装は、国内外で活躍するファッションデザイナーたちがやくしまるの世界観やコンセプトに基づいて制作。山縣はやくしまるがアーティストヴィジュアルで着用している巨大な黒いマントや、2019年に初登場した最新衣装となる真紅のドレスなどを担当し、落合は2016年の日本武道館公演「八角形」フジロックなど、有本は2018年の京都公演「変数分離」や相対性理論のライブアルバム「調べる相対性理論」などの衣装を手掛けた。

 衣装展は、12月11日から22日まで落合、1月15日から26日まで山縣、2月15日から26日まで有本が作った衣装の実物を展示。入場料は無料だが、森美術館のチケットが必須となる。同館で同時期に開催している「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか」では、やくしまるの作品「わたしは人類」を鑑賞することができる。


あわせて読みたい

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月10日のファッション記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。