スヌーピーミュージアムが南町田に移転オープン、全長8mの巨大スヌーピーの展示も

 ソニー・クリエイティブプロダクツが手掛ける南町田の「スヌーピーミュージアム」が、12月14日にオープンする。12月12日の今日、報道関係者向けに内部が公開された。

【画像をもっと見る】

 スヌーピーミュージアムは、原作「ピーナッツ(PEANUTS)」とスヌーピーの魅力を原画や資料を通じて紹介するカリフォルニアの「チャールズ M. シュルツ美術館」公式サテライトとして、2016年4月に2年半の期間限定で六本木にオープン。全5回の企画展を開催し、累計約130万人を動員した。期間終了後は六本木に代わる新たな場所を探し、館長の中山三善氏がいくつかの候補地の中から、緑豊かな大きな公園と賑やかなショッピングモールに挟まれた立地、最寄り駅からのアクセスの良さ、そして六本木の施設より約2倍の広さを確保できることなどから、11月に開業した再開発エリア「南町田グランベリーパーク」内の「パークライフ・サイト」を移転先に選んだという。

>>都内最大のアウトレット複合施設と公園が一体に、「南町田グランベリーパーク」のレポートはこちら
スヌーピーミュージアムが南町田に移転オープン、全長8mの巨大スヌーピーの展示も
スヌーピーミュージアム外観

 新生スヌーピーミュージアムの延床面積は約2,600平方メートルで、地下1階、地上3階で構成される。展示は企画展と常設展の2種類で、常設展では巨大なマルチスクリーンを使用した「オープニンシアター」、作者のチャールズ M. シュルツの生涯や作画のテクニックを紹介する「チャールズ・シュルツ・ルーム」、複製原画やヴィンテージグッズ、映像を通してスヌーピーとピーナッツ・ギャングの定番エピソードやトリビアが楽しめる「ピーナッツ・ルーム」、大きな白い部屋で全長8mの巨大スヌーピーをはじめとするユニークなスヌーピー全6種を設置した「スヌーピー・ルーム」を公開する。


あわせて読みたい

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月12日のファッション記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。