荒木飛呂彦や浦沢直樹らによる「東京2020公式アートポスター」全20作品が東京都現代美術館で初公開

荒木飛呂彦や浦沢直樹らによる「東京2020公式アートポスター」全20作品が東京都現代美術館で初公開
浦沢直樹「あなたの出番です。」 Image by: FASHIONSNAP.COM

 東京2020組織委員会、東京都、東京都歴史文化財団による展覧会「東京2020公式アートポスター展」が、東京都現代美術館のエントランスホールで開催される。会期は1月7⽇から2月16日まで。開幕に先駆けて1月6日の今日、公式アートポスター全20点が公開され、同日行われたオープニングセレモニーには漫画家の浦沢直樹や荒木飛呂彦、写真家のホンマタカシ、同大会の公式エンブレムを手掛けたアーティストの野老朝雄ら参加アーティストが揃って出席した。

【こちらもチェック】浦沢直樹や蜷川実花ら起用、東京五輪の公式アートポスターを手掛けるアーティストを発表

【画像をもっと見る】

 東京2020公式アートポスターは東京オリンピック・パラリンピック競技大会の気運醸成を目的に作られたもので、国内外で活動するアーティスト計19組がオリンピックやパラリンピックをテーマにポスターを制作した。

 会場となる長さ100m超のエントランスホールには、大会の公式エンブレムで用いられる四角形をイメージした立体的なモチーフを2ヶ所に設置。各アーティストによるポスターは、モチーフを構成する四角形の枠内に吊り下げて展示する。

 浦沢による作品「あなたの出番です。」はオリンピックのために描き下ろした漫画で、選手が競技へと向かっていく様子を描写。作品の左下に書いた「つづく!」の文字に浦沢は「日本漫画の次のページをめくりたくなるよう想いを込めた」という。ホンマタカシの作品「東京の子供」では、タンクトップ姿の少年を撮影。オリンピックは選手だけでのものではなく、老人から子どもまで全国民にとっての希望であり、記憶に残るものだという想いを表現したという。荒木による「神奈川沖浪裏上空」では、葛飾北斎作「神奈川沖浪裏」の構図を採用。自身の代表作「ジョジョの奇妙な冒険」を彷彿とさせるタッチで、荒波のような雲が漂う上空からスポーツの神々が日本に舞い降りる様子を描いた。このほか、会場には写真家で映画監督の蜷川実花による「Higher than the Rainbow」、アーティストのフィリップ・ワイズベッカー(Phillippe Weisbeker)の「オリンピックスタジアム」、グラフィックデザイナーの佐藤卓による「五輪の雲」などが並ぶ。会期中、制作者によるトークショーなど関連イベントの開催を予定。3月以降には、アートポスターのデザインを用いた公式ライセンス商品が発売される。


あわせて読みたい

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月6日のファッション記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。