無印良品がプラスチック製ショッピングバッグを廃止、紙袋の無料配布は継続

無印良品がプラスチック製ショッピングバッグを廃止、紙袋の無料配布は継続
無印良品 再生ポリプロピレン製リサイクルバッグ(税込150円) Image by: 良品計画

 「無印良品」を運営する良品計画が、プラスチック製のショッピングバッグを2020年3月から順次提供を中止すると発表した。6月末までにMUJIcom、MUJI to GO、Café&Meal MUJIを含む無印良品の全店舗で廃止する予定。紙袋のショッピングバッグの無料配布は継続する。

【あわせて読みたい】高島屋が食品用レジ袋を有料化、2020年4月から

【画像をもっと見る】

 無印良品は、地球資源の循環化と廃棄物削減のための取り組みの一環として、現在の品揃えに見合った包材やバッグの種類と素材を検討してきた。プラスチック製を廃止する代わりに、これまで2サイズだった紙袋のサイズレンジを4サイズに拡大。また、大きなサイズの商品やまとめ買いに使用しやすい3サイズを揃える再生ポリプロピレン製リサイクルバッグを税込150円で販売し、不要になれば無印良品の全店で返品できるようにする。

 ブランド創業以来、地球環境や生産者に配慮した素材選びに尽力してきた同社は、独自のポイントシステムでの優待やジュート素材のマイバッグを販売するなど、以前からマイバッグの使用を推進してきた。昨年の春夏コレクションからは、靴下やストールの陳列用フックをプラスチック製から再生紙を使用した素材に刷新。今後は全ての商品のパッケージ素材や陳列資材を見直して廃棄物削減に努めるほか、飲食業態の店舗で提供するストロー素材も現在の紙製から天然素材のみで作られた竹の繊維を材料とするストローへと順次変更していくという。


当時の記事を読む

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「無印良品」に関する記事

「無印良品」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「無印良品」の記事

次に読みたい「無印良品」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月4日のファッション記事

キーワード一覧

  1. 無印良品 銀座

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。