女性向けフォーマルウェアを展開する東京ソワール創業者 児島絹子氏が逝去、享年89

女性向けフォーマルウェアを展開する東京ソワール創業者 児島絹子氏が逝去、享年89
児島絹子氏 Image by: 東京ソワール

 女性向けフォーマルウェアを手掛ける東京ソワールの創業者 児島絹子(本名:草野絹子)氏が、4月23日に脳幹出血のため逝去した。享年89。

【画像をもっと見る】

 児島氏は1954年に前身であるソワール洋装店を創業。1969年に株式会社に改組し、東京ソワールを設立した。1976年から2002年まで社長を務め、1986年に社団法人経済同友会に女性として初めて入会したほか、1988年には女性創業者として日本初の株式上場(東証2部)を果たした。また、2002年から2013年まで最高顧問、2013年から2016年まで名誉会長を務めた。2017年には女性向けのブラックフォーマルウェアの市場の創出および拡大に尽力した功績が認められ、藍綬褒章を受章。公職としては通商産業省イベント研究委員 (1986年~1987年)、運輸省運輸政策審議会委員(1988年~1996年)、労働省女性少年問題審議会委員(1997年~2001年)、大蔵省金利政策審議会委員(1998年~2001年)などを歴任した。

 告別式は近親者のみで行い、喪主は長女の草野律子氏が務めた。

>>業界人の訃報に関する記事一覧

あわせて読みたい

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月28日のファッション記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。