STAY HOMEが求められる現在、「ミキリハッシン」が考える今セレクトショップに必要なこと

STAY HOMEが求められる現在、「ミキリハッシン」が考える今セレクトショップに必要なこと
Image by: ミキリハッシン

 新型コロナウイルス感染拡大の影響から、実店舗の在り方が問われている。非常事態宣言により「STAY HOME」が求められ、多くの店舗の営業自粛が続く今、ファッションディレクターの山口壮大が手掛けるセレクトショップ「ハウス@ミキリハッシン」は、新たなセレクトショップの在り方を提案する。

【あわせて読みたい】「非日常のファッションを日常に」ミキリハッシンの新店舗"ハウス"がオープン

【画像をもっと見る】

 神宮前5丁目の閑静な住宅街に店舗を構えるハウス@ミキリハッシンは、日本の日常に息づく様々な文化や思想から生み出されたファッションを"自分の生活服=ストリートウェア"として装うことを提案するコンセプトショップ。「アンリアレイジ(ANREALAGE)」「クリーナ(CLEANA)」「ハトラ(HATRA)」「フィンガリン(PHINGERIN)」「ポト(POTTO)」など気鋭ブランドを取り扱っている。

 実店舗営業を一時休業した同ショップは、今の生活に必要なルームウェアとマスクというアイテムをデザイナー及びユーザーと直接繋がりながらクリエイトするプラットフォーム=オンラインコミュニケーションショップをローンチ。飛田正浩が手掛ける「スポークン ワーズ プロジェクト(spoken words project)」とは、ユーザーの希望のメッセージ(10文字以内)と、 Zoomを介したコミュニケーションからパーソナルなエピソードをグラフィックとしてデザインし、 その場でライブプリントを行うオンライン×カスタムオーダー企画を実施した。「コトハヨコザワ(kotohayokozawa)」とは、過去の残布を活用したカスタムオーダーイベントを開催する予定。Zoomの無料版で利用出来る40分の制限時間内にユーザーが好みのテキスタイルを選び、ミキリハッシンスタッフがファッション専用の3Dモデルソフト「クロ(CLO)」を活用して確認用の3Dイメージを組み上げ、 デザイナー本人がその場で縫い上げるライブイベントを行う。またデザイナーとの協業マスクプロジェクト第1弾として、「ブラックチェリー刺繍マスク」が2万いいねを集めるなど、 SNSで大きな反響を集めた「tanaka daisuke」デザイナーの田中大資がデザインしたオリジナルの刺繍図案を用いて、 福祉就労支援所「ウイアー」との協業により立体マスクを製作する予定だ。


あわせて読みたい

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月15日のファッション記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。