ロエベが「パウラズ イビザ コレクション」のポップアップをゾゾタウンに出店、初のフレグランスも販売

ロエベが「パウラズ イビザ コレクション」のポップアップをゾゾタウンに出店、初のフレグランスも販売
Image by: ゾゾタウン

 「ロエベ(LOEWE)」が、「パウラズ イビザ コレクション」のポップアップショップを5月29日正午にゾゾタウン(ZOZOTOWN)内に出店する。

>>ゾゾタウンでは過去にH&M×マルジェラを販売

【画像をもっと見る】

 ロエベのパウラズ イビザ コレクションは、1970年代にスペインのイビザ島に実在したアートやファッションの流行発信源であったセレクトショップ「パウラズ イビザ」からインスピレーションを得ている。2019年以降、毎年サマーシーズン向けのコレクションとして展開。クリエイティブディレクターのジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)がセレクトしたアイコニックなアーカイブ柄を採用し、イビザならではの陽気でボヘミアンなムードを表現したウェアやバッグ、小物などを販売している。

 ポップアップでは、今年のパウラズ イビザ コレクションから150型をセレクト。トロピカルなテキスタイルを採用したマルチカラーのバッグ(9万6,800円)やウォーターリリーのモチーフをあしらったTシャツ(5万5,000円)、ブランドで毎シーズン人気のかごバッグの新作(7万8,100円)、コレクション初のフレグランス(9,900円)などを取り扱う。価格帯は9,000円~25万4,000円(すべて税別)。

>>今年のパウラズ イビザ コレクションをチェック

 ゾゾ(ZOZO)はロエベのポップアップショップ出店に際し、独自開発のAI予測モデルを用いたマーケティングコミュニケーション施策を実施。サイトの顧客の購買データや行動データをAIに学習させ、ラグジュアリーブランドの購入確率や購入率が高いカテゴリーなどを予測するという。ゾゾでは今後もファッション×テクノロジーの分野を発展させ、ラグジュアリーブランドの出店を促すという。


あわせて読みたい

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月26日のファッション記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。