ユニクロ史上"最も若者受けする"店舗が誕生、1フロア丸ごとUT売り場の原宿店内部を公開

ユニクロ史上"最も若者受けする"店舗が誕生、1フロア丸ごとUT売り場の原宿店内部を公開
ユニクロ原宿店 店内 Image by: FASHIONSNAP.COM

 「ユニクロUNIQLO)」が、複合施設「ウィズ ハラジュク(WITH HARAJUKU)」に出店する原宿店の内部を公開した。原宿エリアにユニクロが出店するのは、旧「ユニクロ原宿店」(UT STORE HARAJUKU.)が2012年に閉店してから約8年ぶり。地域性を重視した最先端のコンテンツを用意し、トレンドを取り入れたスタイリングを提案することで若年層の新規顧客の獲得を狙う。

>>「ユニクロ」原宿店がついに公開、ヴィジュアルを務めた清原翔と池田エライザがUTを着て登場

【画像をもっと見る】

 原宿店の売場面積は1983平方メートルで、地下1階と地上1階の2フロア構成。トータルクリエイティブディレクターは、過去にUT STORE HARAJUKU.を総合プロデュースした佐藤可士和が担当した。商品構成の約2割をUTが占め、商品数はユニクロ店舗で最も充実しており、Tシャツを通じたアートやカルチャーの情報発信拠点と位置付ける。

 1階はTシャツブランド「UT」の売り場「UT POP OUT」のみを展開。シルバーを基調にLEDでメッセージを流し、壁上部に商品をショーケースで展示するデザインは、UT STORE HARAJUKU.のデザインからインスピレーションを得ているという。新店舗ではTシャツをアート作品のように陳列することを意識。各コレクションにはキャプションを添え、コラボレーターやグラフィックについて説明している。同フロアではTシャツのほか、UTとして初となる豆皿(590円)やノート(390円)、雑貨などを原宿店先行で販売。ビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)と村上隆のコラボレーションコレクションの発売記念で制作した、全長3mの巨大なビリー像を期間限定で設置する。


あわせて読みたい

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「GU」のニュース

次に読みたい関連記事「GU」のニュースをもっと見る

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月3日のファッション記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。