「スチュアート ワイツマン」日本撤退へ 8月で国内全店閉店

「スチュアート ワイツマン」日本撤退へ 8月で国内全店閉店
「スチュアート ワイツマン」公式サイトより

 ニューヨーク発のブランド「スチュアート ワイツマン(Stuart Weitzman)」が、日本国内に構える全3店舗を8月で閉店する。

【画像をもっと見る】

 スチュアート ワイツマンは、1986年にデザイナー スチュアート・ワイツマンが設立。ソックスのように脚にフィットするブーツが人気で、ケンダル・ジェンナー(Kendall Jenner)やベラ・ハディッド(Bella Hadid)らセレブリティにも愛用者が多い。2015年に「コーチ(COACH)」や「ケイト スペード ニューヨーク(kate spade new york)」を擁するタペストリー社の傘下となり、2018年に日本1号店を伊勢丹新宿店に出店。その後、銀座三越店、阪急うめだ本店に店舗をオープンした。

 新型コロナウイルスによる影響を受けて、ブランドのストア運営およびマーケティング活動を北米と中国に注力していくことが決定。日本向けの公式ECサイトを開設していないため、実店舗のクローズとともに日本撤退となる。ブランドにとって日本は重要なマーケットの一つであることから、状況が改善されれば再上陸も考えられるという。

【あわせて読みたい】「スチュアート・ワイツマン」グローバル スポークスウーマンにセリーナ・ウィリアムズを起用

あわせて読みたい

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月1日のファッション記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。