グラニフがバウハウスとコラボ、カンディンスキーやクレーの作品をデザインしたTシャツ発売

グラニフがバウハウスとコラボ、カンディンスキーやクレーの作品をデザインしたTシャツ発売
1923年バウハウス展展覧会カタログ『ヴァイマール国立バウハウス1919-1923』1919-1923 ヘルベルト・バイヤーによる1923年バウハウス展展覧会カタログの表紙デザイン©︎VG BILD-KUNST, Bonn&JASPER, TOKYO, 2019 C2921

 「グラニフ(graniph)」が、バウハウスとコラボレーションしたTシャツ第2弾を7月17日に発売する。

【画像をもっと見る】

 バウハウスは1919年にドイツの古都ヴァイマールで開校。ヴァシリー・カンディンスキー(Wassily Kandinsky)、パウル・クレー(Paul Klee)など時代を代表する芸術家が指導を行い、優れたデザイナーや建築家を輩出した。ナチスの弾圧を受け1933年に閉校したが、実験精神に基づいた取り組みは造形教育に革新をもたらし、現在もアートやデザインに大きな影響を与えている。バウハウス創設100周年にあわせ、日本では「バウハウス100周年委員会」が発足。バウハウス100周年委員会および中央公論美術出版の協力のもと、グラニフとバウハウスのコラボレーションが実現した。

>>バウハウス開校100年を祝う巡回展が東京ステーションギャラリーで開催、陶器や家具など約300点を展示 

 コラボでは5種類のTシャツを用意。ヘルベルト・バイヤー(Herbert Bayer)が手掛けた1923年のバウハウス展の展覧会カタログ「ヴァイマール国立バウハウス1919-1923」の表紙や、ラースロー・モホイ=ナジ(Moholy-Nagy László)によるバウハウス叢書の8巻「絵画・写真・映画」の表紙、パウル・クレー(Paul Klee)の画集「ホフマン風の情景」第1集の表紙のほか、1923年の「バウハウス展」のために描かれた絵葉書から、ヴァシリー・カンディンスキー(Wassily Kandinsky)とリオネル・ファイニンガー(Lyonel Feininger)の作品をTシャツのプリントデザインに採用した。価格は1枚2500円、2枚で4000円(いずれも税別)。


あわせて読みたい

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月14日のファッション記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。