楽天と東急が共同で新会社を設立、東急百貨店などで楽天ポイントの付与・利用が可能に

楽天と東急が共同で新会社を設立、東急百貨店などで楽天ポイントの付与・利用が可能に
(左から)楽天東急プランニング副社長 日野健氏、楽天代表取締役会長兼社長 三木谷浩史氏、東急取締役社長 高橋和夫氏、楽天東急プランニング代表取締役社長 笠原和彦氏 Image by: 楽天、東急

 楽天が、東急との共同出資で新会社「楽天東急プランニング」を設立し、9月1日から事業を開始すると発表した。両社のノウハウを活かしたデータマーケティングソリューション企業として、多様化する消費者のニーズを可視化し、より利便性の高いサービスを提供していくという。

【画像をもっと見る】

 東急は楽天市場の開設時に東急百貨店として出店しており、その後も東急が再開発を進めた二子玉川ライズに楽天が本社を構えるなど、関係を築いてきた。新会社の資本金は2000万円で、出資比率は楽天が51%、東急が49%。代表取締役社長には楽天の常務執行役員である笠原和彦氏が就任し、副社長を東急の経営企画室マーケティング・IT推進グループ統括部長の日野健氏が務める。

 楽天東急プランニングでは楽天と東急がそれぞれ蓄積するデータを活用し、「両社のマーケティングソリューションの強化」「広告主企業に提供する広告パフォーマンスの最大化」「両社のアセットを組み合わせたOMO(Online Merges with Offline)の強化」の3つを軸に運営する。顧客のニーズに合わせた商品の仕入れや、ターゲットに適した広告運営による商品情報の発信などで利便性を高め、顧客の生活価値向上を目指す。

 新会社での事業第1弾として、9月1日から東急グループの東急ストアや東急百貨店などの各店舗で楽天ポイントの付与・利用を可能にし、スマホアプリ決済サービス「楽天ペイ」の導入を加速。なお、東急のポイントサービス「TOKYUポイント」は継続する。10月から2021年3月までは、東急グループの店舗に両社の消費行動分析データを活用した販促情報を提供し、品揃えの充実や価格設定の見直しといった店舗運営向上に向けた検証を実施。11~12月は両社のデータを使ったウェブ広告の実験のほか、二子玉川エリアでの楽天のデジタルソリューションと東急のノウハウを連携した新たなデジタルサイネージの実験販売を行う予定だ。OMO事業では、東急グループのバイヤーが持つ提案力と楽天のトレンド分析力を掛け合わせ、商品開発や提供を促進する。


当時の記事を読む

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月31日のファッション記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。