「バレンシアガ」青山の旗艦店が国内最大規模にリニューアルオープン、ふろしき用ハンドルなど限定アイテムが登場

「バレンシアガ」青山の旗艦店が国内最大規模にリニューアルオープン、ふろしき用ハンドルなど限定アイテムが登場
「エブリデイ E-W トートバッグ」(税別13万9000円) Image by: バレンシアガ
       

 「バレンシアガ(BALENCIAGA)」 が、青山の旗艦店「BALENCIAGA AOYAMA」を11月6日にリニューアルオープンする。従来の店舗のおよそ2.5倍の店舗面積で、日本国内では最大、世界でも最大級の規模に刷新。フルラインを取り扱う。

【画像をもっと見る】

 今回の改装では、今年2月まで「アレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)」がショップを構えていた区画まで拡張。新たに地下に売場を設け、地下1階から2階までの計3フロア構成となる。なお、1街区離れた場所に位置するテンポラリーストア「BALENCIAGA AOYAMA INTERIM」は、旗艦店のオープンに伴い営業を終了する。

 青山店ならではの建築コンセプトとして特徴的なのは層状のファサードで、ガラスの外壁の内側に、建築現場を参照したという2枚のガラスの壁を設置。分断された空間がガラス越しに外と内とをつなぎ、都市景観と一体化させる役割を果たす。また合わせ鏡によって、それぞれ異なる床材の通路が永遠に続くかのような効果をもたらしている。内装デザインはフロアによって異なり、公園のベンチのようなチェアやオフィスをイメージさせるブラインド、ダメージが施されたカーテンなど、公共物や使い古されたものを再解釈してリュクスに昇華させた。

 オープンを記念し、ストアアドレスをあしらったユニセックスの「バレンシアガ レイン ジャケット」(19万9000円)や「エブリデイ E-W トートバッグ」(13万9000円)、ブランドロゴの下に「TOKYO」の文字を施した「ショッピング XXS N-S トートバッグ」(14万9000円)、「ショッピング フォン ホルダー」(全2色、各9万7000円)、「ふろしき用ハンドル」(1万8000円/いずれも税別)などの限定アイテムをラインナップ。ハンドルに取り付けることができる風呂敷は、一定金額以上の商品の購入者や、ふろしき用ハンドルの購入者などに配布する。


当時の記事を読む

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月4日のファッション記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。