オンワードが国内工場のD2Cサポートプロジェクト「クラハグ」を始動 ファッションからインテリアまで支援

 オンワードグループが、日本のものづくり支援を目的としたD2Cサポートプロジェクト「クラハグ(CRAHUG)」を発表した。ファクトリーブランドに加えて、国内の工場によるオリジナル商品の開発から販売までをサポートする。第1弾として12の生産者・工場が参画し、13ブランド計183商品をラインナップ。8月31日から自社EC「オンワード・クローゼット(ONWARD CROSSET)」で販売を開始する。

【画像をもっと見る】

 オンワードグループは自社ECを中心にオンラインビジネスの強化を進めており、オンワードホールディングス 保元道宣社長はクラハグを「新しいスタイルのファッションビジネス」の一環と位置付ける。オンワードのプラットフォームを通じて日本のものづくりにおける匠の技術を国内外に発信することで、地域活性にも寄与したい考えだ。プロジェクトの名称は「CRAFTSMAN(職人)」「LIFE(暮らし)」「HUG(ふれあう)」を組み合わせた。運営はオンワードホールディングス子会社のオンワードデジタルラボが手掛ける。

 クラハグの主な取り組みは、全国のファクトリーブランドの完成済みの商品をセレクトし、EC販売をサポートする「販売支援」、ファクトリーブランドを作りたい工場の企画支援を行う「ブランディング支援」、日本の産地や工場をプロジェクト独自のウェブジャーナルサイト crahug.jpやSNSで情報発信する「プレス発信」、受注販売会やポップアップイベント、工場に行ける観光ツアーを実施する「イベント開催」、購買データの分析からブランディングや商品開発に還元する「ウェブ分析」の5つ。契約プランによってオンワードが得る手数料は異なるが、初期費用は一律無料とする。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ファッションニュースランキング

ファッションランキングをもっと見る
お買いものリンク