BCLカンパニーが自社開発のクリーンビューティ「タヴィア」設立 等身大で始められる気軽なブランドに

 「サボリーノ(Saborino)」などを展開するスタイリングライフ・ホールディングス BCLカンパニー(以下、BCLカンパニー)が、クリーンビューティのオリジナル新スキンケアブランド「タヴィア(Taviea)」を立ち上げ、8月から販売している。「近年のトレンドでもある、SDGsに興味はあるけど何から始めたらいいか分からない」と感じている人に向けて、肌と環境に負荷をかけない原料を厳選し独自の処方を取り入れた商品を展開。ふき取り化粧水(495mL 2420円)、化粧水(200mL 2200円)、クリーム(150g 2860円/いずれも税込)をラインナップし、公式オンラインストアを主要販路にロフトやプラザなどバラエティストアでも取り扱う。

【画像をもっと見る】

 BCLカンパニーでは、フランス発のオーガニック認証コスメ「ゼットエマ(Z&MA)」や、デリケートゾーンケアブランド「ウーマンエッセンシャルズ(WOMAN ESSENTIALS)」、アメリカのオーガニックブランド「エルバビーバ(erbaviva)」(総代理店契約締結により11月から展開)といった肌と環境に優しいブランドをインポート展開しているが、自社開発によるクリーンビューティブランドの立ち上げは初めて。

 独自ブランドの開発について、「親会社のTBSホールディングスが進める2030年までのSDGsに、子会社であるわれわれもひも付いて行動していく。化粧品メーカーとして何をすべきか考え、できる範囲からでも始めるべき」(御殿谷 りえ・宣伝本部宣伝部PRマネジャー)という考えからタヴィアを立ち上げた。ブランドを担当する企画部の小西由起は、「自分が心地良いものを選んだら、それが周りや環境の心地良さにも繋がっているような、難しく考えなくても商品選びという小さな一歩が環境に配慮した行動に結びつくという当事者意識をタヴィアと共に育んでもらいたい」と語る。コアターゲットは20~30代だが、「何か環境への負荷軽減につながる行動を始めたい」と考える幅広い年齢層に訴求していく。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ニュースランキング

ランキングをもっと見る
お買いものリンク