そごう・西武初OMOストア「チューズベース シブヤ」は“未来の小売空間”を体現 初回は約50ブランドが出店

 そごう・西武が、新業態となるメディア型OMO店舗「チューズベース シブヤ(CHOOSEBASE SHIBUYA)」を西武渋谷店にオープンした。百貨店業界初の取り組みとして、スマートフォンが商品説明など販売員の役割を一部担うほか、購入したいアイテムのQRコードを読み込み専用サイトのショッピングカートに登録することで買い物かごを持ち運ぶことなく店内を回遊できる仕組みを開発。ファッションからコスメ、雑貨、食品までデジタルに強いD2Cブランドを中心に誘致し、20代~30代の若者をメインターゲットに新たなショッピング体験を提供する。

【画像をもっと見る】

 チューズベース シブヤは、紀伊國屋書店西武渋谷店が構えていた西武渋谷のパーキング館1階に出店(※紀伊國屋書店はA館7階へ移転)。面積は約700平方メートルで、店内は2つの展示エリアと、D2Cブランドを展開するFABRIC TOKYOの初となるウィメンズ向けブランド「インセイン(INCEIN)」の1号店、ラウンジエリアの計4つの売り場で構成されている。

 展示エリアでは、半年ごとに掲げるテーマに合わせて誘致したブランドの製品を紹介。初回は「タイムリミット」をテーマに売り場を編集している。

 出店ブランド数は51ブランドで、ほとんどが百貨店初登場。産業廃棄物であるホタテの貝殻から生まれた洗浄パウダー「618 scallop powder」を販売するレルムナチュレジャパン(rerum nature Japan)や、ヴィーガンでクルエルティーフリーのスキンケアを展開する「ベージック(BEIGIC)」といったブランドのほか、ファッションでは土屋鞄製造所出身者が手掛けるレザーブランド「オブジェクツアイオー(objcts.io)」や、アパレルのタグを付け替え再販に取り組む「リネーム(Rename)」、気仙沼ニッティングなどを導入した。共感できるテーマを設定したことや、他のブランドと切り離した展示スペースを確保したことで、これまで百貨店への出店に消極的だったブランドを揃えられ、差別化した提案が可能となった。


当時の記事を読む

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク