ファストリがグローバル展開加速 海外ユニクロ事業で130店舗純増へ

 ファーストリテイリングが2021年8月期の通期連結業績を発表し、売上収益が前期比6.2%増の2兆1329億円、営業利益は同66.7%増の2490億円となり、増収増益を達成した。グレーターチャイナを中心に海外ユニクロ事業が好調で、北米は赤字幅が半減し、欧州では黒字化した。柳井正代表取締役会長兼社長は「不安定な状態ですがグローバルで商売をやってきて良かった。日本だけの商売は非常に難しくなるのではないか」と総括し、2022年8月期以降もグローバル展開を加速させていく考えを示した。

【画像をもっと見る】

 海外ユニクロ事業は、売上収益が9301億円(同10.2%増)、営業利益が1112億円(同121.4%増)となった。好調のグレーターチャイナでは、売上収益で5322億円(同16.7%増)、営業利益で1002億円(同52.7%増)を計上し、過去最高の業績を収めた。既存店とEコマースともに売上高が増加したほか、値引率と原価率の低減などの影響により、営業利益率は19.2%と前期から4.3ポイント改善された。韓国では若干減収したが、営業利益は黒字に転換した。米国では通期で減収となったものの、粗利益率の改善や不採算店舗の閉店など固定費の削減、在庫水準の適正化といった収益構造の改革を進め、下期で初の黒字化を達成。今後、黒字体質が見込めるという。欧州では大幅な増収となり、計画を上回る水準で推移した。一方で、その他アジア・オセアニア地区は、ベトナムで7月から新型コロナウイルス感染再拡大により全店舗が臨時休業するなどコロナのマイナス影響を大きく受け、減収減益となった。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ユニクロ」に関する記事

「ユニクロ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ユニクロ」の記事

次に読みたい「ユニクロ」の記事をもっと見る

ファッションニュースランキング

ファッションランキングをもっと見る
お買いものリンク