アートディレクター仲條正義が死去、資生堂パーラーのパッケージなどデザイン

 アートディレクターの仲條正義(なかじょうまさよし)が、10月26日に肝臓がんのため逝去した。享年88。資生堂パーラーのロゴタイプやパッケージデザインなどを手掛けたことでも知られている。

【画像をもっと見る】

 仲條は1933年東京生まれ。東京藝術大学美術学部を卒業後、資生堂宣伝部とデスカを経て、1961年に自身のデザイン事務所を設立した。東京ADC会員最高賞やJAGDA亀倉雄策賞、毎日ファッション大賞 鯨岡阿美子賞などを受賞しており、代表作には40年以上にわたり手掛けた資生堂「花椿」のアートディレクションをはじめ、松屋銀座、スパイラル、東京都現代美術館のCI計画や「暮しの手帖」の表紙イラストなどがある。



編集部おすすめ

当時の記事を読む

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ファッションニュースランキング

ファッションランキングをもっと見る
お買いものリンク