中国最大のお祭り、「独身の日」に売れたものは? 日本ブランドから中国コスメまで

中国最大のお祭り、「独身の日」に売れたものは? 日本ブランドから中国コスメまで
拡大する(全1枚)

 中国で今年も11月11日(独身の日、シングルデー)に合わせた年間最大の商戦「ダブルイレブン」が行われた。セールは一部サイトをのぞき、10月20日からスタート。およそ1か月にも及ぶセールで、天猫(Tmall)の流通取引総額(GMV)は前年比8.5%増のの5403億元(約9兆6173億円)、京東(JD.com)は同15.6%増の3491億元(約6兆2729億円)と共に過去最高となった。Tmallだけで130万以上の新製品という、数ある商品群の中でもビューティアイテムは人気が高く、日系ブランドもこの商戦に向け商品を揃える傾向にある。今回、美容カテゴリーではどんなブランド、アイテムが売れたのか?台頭する中国ブランドと合わせて紹介する。

【画像をもっと見る】

美容カテゴリーはスキンケアが牽引 トップ3は?

 ダブルイレブンの美容売り上げのうち、約7割をスキンケア製品が占めた。天猫美容カテゴリーのランキングは、1位「ロレアル パリ(L'Oreal Paris)」、2位「エスティ ローダー(ESTÉE LAUDER)」、3位「ランコム(LANCÔME)」と、スキンケアが主力の海外ブランドが並ぶ。中国の消費者はスキンケアへの投資が盛んで、高価なアイテムはセールの目玉だ。その中では比較的手頃なロレアル パリは、日本ではメイクやヘアケアのイメージが強いが、ヒアルロン酸をキー成分とする「アンプルフェイスパック」が人気を博し、単品で1億元(約17億円)を稼いだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ファッションニュースランキング

ファッションランキングをもっと見る
お買いものリンク