【連載】デザビレ紹介!こだわりの手仕事で作るレザーアイテムに注目「AUTTAA」214号室

スニーカーなど工場生産で補えるシューズが市場を占めている現在、「個人や自分の手でつくれるものの必要性を感じた」と話す新井さんと青野さん。現在は靴と鞄を約6:4の割合で生産しており、客層の男女比は1:9。ナチュラル雑誌での掲載頻度が多いことより主婦層からの人気が高いそうです。レザーは幅広い年齢層から好まれることから、20代後半〜50代と幅広い買い手がいるというのも納得ですね!  新井さん、青野さんのお勧めは下の写真のシューズだそうです!2011年秋冬のテーマは「newtral」。東京っぽいフラットさを意識しており、アトリエ内にはさらっと持てるレザーものを意識したアイテムが並んでいました。もともと、ドイツなどヨーロッパで生産された印刷物が好きだったという2人。そこから現在の作品づくりのインスピレーションが生まれているといいます。  靴によって異なるものの、1足(ペア)につき3日くらいを要するようです。ヴィンテージ感を出すデザインでは仕上げにホワイトワックスをつけているとか。  2012年春夏のテーマである「サーカスの光」は、アーティスト RYO ICHIIの写真集「PASPO SO」からアイディアを得たとか。ちなみにカタログのイラストは山口洋介さんが担当しています。  来年の2月上旬には、2012年春夏向けの展示会を吉祥寺のギャラリー「poooL」で開催する予定になっています。革の個性を活かしたものづくりが特徴の「AUTTAA」さん。今後の活躍に期待がかかりますね!

あわせて読みたい

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年10月31日のファッション記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。