matohuが能楽堂のコンテンポラリーダンス「藪の中」衣装を担当

 「matohu(まとふ)」が、セルリアンタワー能楽堂で発表されたコンテンポラリーダンスの新たな試み「伝統と創造シリーズvol.4『藪の中』」の衣装を担当した。ドイツを拠点するザ・フォーサイス・カンパニーで活躍中の島地保武が演出・振付を手がけ、初めて挑んだ能楽堂作品。芥川龍之介の小説「藪の中」をモチーフに、能楽師シテ方観世流・重要無形文化財総合指定保持者の津村禮次郎をはじめとする5人の出演者が、「matohu」が特別に仕立てた長着などの衣装をまとった。 matohuが能楽堂「藪の中」衣装担当の画像を拡大

 「伝統と創造シリーズvol.4『藪の中』」は、能楽堂という最も歴史のある古典様式の空間を、コンテンポラリーの振付家がどのように解釈し、扱っていくかを問うシリーズの最新作。3月8日~3月11日、全4回公演で行われた。島地保武が、これまでにない能楽堂の見せ方を模索した意欲作。「覆う、包む、塞ぐ、被せる、隠す」という行為が、ダンスや音楽、そして服で表現された。


 日本の美意識が通底する服の創造をテーマとする「matohu」は、「藪の中」の衣装のオファーを受け、単にダンス衣裳ではない創造的な服づくりにチャレンジ。身体を全て覆い隠さないように意識し、羽の様に軽く透けるような生地で、役者の寸法やイメージに合った1点物の長着が仕立てられた。シルクなど上質な素材を使用。肉体の動きの余韻が感じられる衣装が、90分間の斬新な舞台を演出した。


■伝統と創造シリーズvol.4「藪の中」  http://www.a-tanz.com/cerulean4.html

あわせて読みたい

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年3月11日のファッション記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。