資生堂、カリタとデクレオールをロレアル社に約320億円で売却

 資生堂がスキンケア、ボディケアおよびヘアケアを中心に展開している「Carita(カリタ)」と「DECLÉOR(デクレオール)」の2ブランドをフランスのL'Oréal S.A.(ロレアル社)に譲渡することを正式発表した。譲渡額は約2億3千万ユーロ(約320億円)。




カリタとデクレオール 資生堂が売却の元木々を読む

 全社をあげて「選択と集中」を進めている資生堂は、プロフェッショナル事業の中で「ヘアケア」の領域を強化しており、日本と中国を中心にアジアで成長している「資生堂プロフェッショナル」と米国とヨーロッパで成長性を確保している「Joico(ジョイコ)」の2ブランドに注力している。スキンケアが中心でヨーロッパでのビジネスが強い「Carita」と「DECLÉOR」は、注力する「ヘアケア」領域から外れることから、今回打診のあったロレアル社に譲渡することを決定したという。



 資生堂がロレアル社に株式を譲渡する子会社は、カリタブランドを展開するCarita International S.A.(カリタ社)と、デクレオールブランドを展開するLABORATOIRES DECLÉOR S.A.S.(以下、デクレオール社)の持株会社FIPAL S.A.S.(フィパル社)。株式譲渡完了後は、カリタ社、フィパル社、デクレオール社およびデクレオール社の子会社が、ロレアル社の子会社となる。なお、譲渡による売却益等は 2015年3月期に計上する予定。



 カリタブランドは現在日本を含む56カ国、デクレオールブランドは80カ国で展開されており、合算での売上高は約1億ユーロ(約140億円)と発表されている。

あわせて読みたい

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年2月20日のファッション記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。