西日本の旗艦店「イオンモール岡山」12月開業 地元企業の出店多数

       

 西日本最大級のイオンモールが12月5日、岡山に開業する。「haremachi(ハレマチ)」をコンセプトに、地元企業65店舗、岡山県初出店238店舗を含む356の専門店が出店。岡山県全域約192万人、約80万世帯をはじめとする中四国エリアを商圏と捉え、西日本の旗艦店としてこれまでにない「未来のマチ」を目指すという。




西日本最大級のイオンモールが岡山にの拡大画像を見る

 「イオンモール岡山」の敷地面積は約4万6,000平方メートルで、建物構造は地下2階から地上8階まで。中四国エリアの交通の要衝になっている岡山県の玄関口、岡山駅前に開業する。


  施設内には、4層の吹き抜け空間が広がる中四国エリア最大級の屋内型パブリックスペース「未来スクエア」、第2のグランドフロア「haremachi Garden(ハレマチ ガーデン)」の2大空間が出現。商業施設としては日本初の多様な広域情報発信機能を設置し、地上波TV放送局「OHK岡山放送」とモール独自のネットTV放送局「haremachi Studio(ハレマチ スタジオ)」、300インチビジョンをはじめとする約50台のデジタルサイネージ「haremachi Vision(ハレマチ ビジョン)」を完備し、施設や地域の情報を多様なメディアミックスで発信していく。


 「未来スクエア」は1階から4階まで計約2,000人が入り、「未来スクエア」を囲むように設けられた4層のフロアには、各フロア1周440メートルのサーキットモールを配置。最新のファッションから雑貨やカフェ、食品を集積し、アパレルは約130店舗、シューズやバッグ、宝飾、アクセサリーなどファッション雑貨は約70店舗が一斉オープンを迎える。また、「地元企業との協業」をキーワードに、サキヤクリエイトの新ブランド「SACRAMENT FIG(サクラメント フィグ)」、クロスカンパニーによるカフェ併設の新業態「earth music&ecology super premium store(アースミュージック&エコロジー スーパープレミアムストア)」など岡山県内の代表的企業が多数、旗艦店を出店する。


あわせて読みたい

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年8月25日のファッション記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。