東宝スタジオの映画美術を公開 ゴジラと七人の侍にフォーカス


 東宝スタジオは、無声映画から発声映画(トーキー)に転換していた1932年に前身の写真化学研究所(PCL)が創立。1937年と1943年と二度にわたって合併し、1971年に現在の東宝スタジオに改称された。「東宝砧撮影所」の呼び名で親しまれた現場からは、黒澤明監督作品や「ゴジラ」「モスラ」に加えて、近年では「BRAVEHEARTS 海猿」や「真夏の方程式」、「謎解きはディナーのあとで」、「永遠の0」といった人気作が誕生している。


■東宝スタジオ展会期:2015年2月21日(土)~4月19日(日)休館日:毎週月曜日開館時間:午前10時~午後6時(入場は午後5時30分まで)会場:世田谷美術館1階展示室観覧料:一般 1,000(800)円 / 65歳以上 800(600)円 / 大高生 800(600)円 / 中小生 500(300)円※( )内は20名以上の団体料金。※障害者の方は500円、大高中小生の障害者の方は無料、介助の方は1名につき1名まで無料。連絡先:世田谷美術館(東京都世田谷区砧公園1-2)

あわせて読みたい

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年2月20日のファッション記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。