JASRAC、アパレル店など全国258施設の無断BGM使用に法的措置

 JASRAC(日本音楽著作権協会)が、BGMを利用していながら音楽著作権の手続きが済んでいない全国の171事業者、258施設に対し、民事調停を全国の簡易裁判所に申し立てた。美容室、理容店、アパレル店、飲食店などが含まれており、全国各地に所在するJASRACの15支部が一斉に法的措置を行うのは今回が初めてとなる。




無断BGM使用に法的措置の拡大画像を見る

 JASRACによると、BGMを流す施設の著作権管理を開始した2002年当時は、ほとんどの施設が業務用BGMを利用されていたが、携帯音楽プレーヤー、パソコン、インターネットラジオの普及によってBGM音源が多様化したことなどから、催告に応じない施設が増加。今回繰り返しの催告に応じない施設に対し民事調停の申し立てを行なった。なおジャスラックは、6月と7月を「BGM手続き推進月間」と定め、日本BGM協会及び全国有線音楽放送協会と共同で、ショップなどがBGMを適法に利用するための活動を推進していくという。


関連記事:CDを無許可でショップのBGMにすることは違法

あわせて読みたい

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る 2015年6月9日のファッション記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら