パリ各所でメンズ合同展開催、次回会場は波乱の入れ替えに?

 2016年春夏パリメンズコレクションに合わせて、メンズ合同展の「トラノイオム」「カプセルメンズ・パリ」「マン」及びウィメンズプレコレクションの合同展「トラノイプレビュー」が開かれた。「マン」と「カプセル」は26~28日、「トラノイ」は27~29日の会期で、春夏受注の行方を占うトレードショーだ。(取材・写真・文:ファッションジャーナリスト 久保雅裕




パリ各所でメンズ合同展開催の拡大画像を見る

 今回から「トラノイオム」と「プレビュー」が事実上合体し、パレ・ド・ラ・ブルス(ブルス)とカルーゼル・デュ・ルーブル(ルーブル)の2会場に296ブランドが出展。日本からは「カシラ」「マンド」など9ブランドが参加した。今までオムだったブルスにメンズブランドを重点的に配置。一方ルーブルにはウィメンズブランドを多く配置したが、主催者のダビッド・アディダ氏によれば、「ブルスの方に、よりクリエイティブなブランドを配置した」という。しかし主催者からのアナウンスが浸透しておらず、ブルスを「トラノイオム」、ルーブルを「トラノイプレビュー」と勘違いしている来場者が目立った。次回に向けての課題と言えそうだ。


 またアディダ氏は、次回以降の展示会場の大幅変更予定を明かした。2016年1月の「オム・プレビュー」はルーブル会場を止め、現在「カプセルメンズ」が開催されているオーステルリッツ駅近くのセーヌ河畔に建つシテ・ド・ラ・モード(シテ)へと変更する。この事により、次回、「カプセルメンズ」の会場変更の可能性が出てきた事になる。また注目されるレディスのセカンドセッションでもシテを使用し、ブルス、ルーブルと合わせた3会場になる。従来使用していたアベニューモンテーニュ会場は現在、引き続き使用するか検討中との事で、モンテーニュが無くなったとしても、大幅な展示面積の拡大となり、ウェイティング企業にとって朗報となりそうだ。


あわせて読みたい

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る 2015年6月29日のファッション記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら