ダナ・キャランがデザイナー退任 ブランド休止へ

 ダナ・キャラン(Donna Karan)が、自身のブランドのデザイナーを引退することがわかった。ダナ キャラン インターナショナル(Donna Karan International)(DKI)は、「ダナ・キャラン ニューヨーク(DONNA KARAN NEW YORK)」の後任デザイナーを決めないことを発表。ブランドはしばらくの間、休止するという。




ダナ・キャランがデザイナー引退の元木々を読む

 ダナ・キャランは、1984年にブランドを立ち上げ、翌85年に初のコレクションを発表。当時ウィメンズウェアに新進的なデザインをもたらしたとして評価され、ニューヨークを代表するデザイナーとして活躍した。ダナ・キャランは「ダナ・キャラン ニューヨークは私の一部です。長年ブランドを支えてくれた多数の同僚に深い感謝の気持ちでいっぱいです」とコメントしている。デザイナー職は退任するが、顧問として会社に関わり、今後は慈善事業「アーバン・ゼン基金」の活動に注力していく。


 セカンドラインの「DKNY(ディーケー エヌワイ)」は、4月に「パブリックスクール(PUBLIC SCHOOL)」のダオイー・チョウ(Dao-Yi Chow)とマックスウェル・オスボーン(Maxwell Osborne)をクリエイティブ・ディレクターに起用しており、今年秋にコレクションが初披露される予定。DKIは、今後、「DKNY」の事業に注力していくとみられている。なお、ブランドは2001年からLVMHグループに属している。

あわせて読みたい

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る 2015年7月1日のファッション記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。