古墳時代から江戸時代まで 昭和初期に復元された女性衣装を一挙公開

 展覧会「日本衣装絵巻-卑弥呼から篤姫の時代まで」が、神戸ファッション美術館で開催される。古墳時代から江戸時代まで8時代の女性衣装を復元し、100領を一挙公開する。会期は10月17日から2016年1月12日まで。




日本衣装を一挙公開の拡大画像を見る

 今回の展覧会は、京都の基幹産業だった染織業による「染織祭」で復元された古墳時代から江戸時代の女性衣装にフォーカス。最高の技術をもった職人や研究者、有職故実が集結して傑作を作り、優雅な女性時代衣装行列で経済不況に陥っていた昭和初期の街を盛り上げていたが、日中戦争開始時に自粛された。会場では、埴輪に見る大陸文化の影響を受けた古墳時代から天平衣装で知られる奈良時代、宮廷文化と共に生まれた優雅な重ね着が象徴的な平安時代、着物の原型が出来上がったとされている室町時代、安土・桃山時代、そして江戸時代までの女性衣装の変遷を紹介。会期中は染色技術を体験できるワークショップをはじめ、茶屋や落語といったイベントの開催を予定している。入場料は一般500円、小中高生と65歳以上は250円で、和装の来館者は無料となる。


■日本衣装絵巻-卑弥呼から篤姫の時代まで
会期:2015年10月17日(土)~2016年1月12日(火)会場:神戸ファッション美術館(神戸市東灘区向洋町中2-9-1)開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)休館日:水曜日、10月8日(木)~16日(金)、12月24(木)(12月23日(水・祝)は開館)、年末年始(12月29日(火)-1月3日(日))入館料:一般 500円 小中高65歳以上 250円※和装で来館すると無料

あわせて読みたい

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る 2015年9月20日のファッション記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら