「中川政七商店」300周年事業に名和晃平ら多彩クリエイター 新店舗設計は長坂常

 中川政七商店が、2016年に創業300周年を迎えるにあたって、多数の日本人クリエイターを記念事業に迎える。彫刻家の名和晃平がディレクターを務めるSANDWICHや編集工学研究所の松岡正剛、元サッカー日本代表の中田英寿ら幅広い顔ぶれ。2016年1月13日には、ブルーボトルコーヒーなどを手がけるスキーマ建築計画の長坂常による店舗設計で「中川政七商店」ブランド初の路面店が表参道に出店する。




「中川政七商店」300周年事業に多彩クリエイターの拡大画像を見る

 中川政七商店が掲げる創業300周年のテーマは「新旧の対比」。300周年を記念するロゴはクリエイティブディレクター水野学(good design company)による、2010年に同氏が手がけたロゴをアレンジし、アニバーサリーをダイレクトに伝えるデザインに仕上げた。「新旧の鹿」と題したオブジェは奈良の工芸職人が"旧"の鹿を、SANDWICHがこの鹿をスキャンし、ミクストメディアという素材で"新"の鹿として造形した。


 「新旧の鹿」は、同社が掲げるヴィジョン「日本の工芸を元気にする!」を実現するためにスタートする工芸の作り手と使い手が出会える場「大日本市博覧会」で展示。イベントの空間デザインにgrafを迎えて、2016年1月から全国5ヶ所を巡回する。第1弾の東京博覧会では、松岡正剛が監修する「工芸クロニクル屏風」の展示、プラントハンター西畠清順とコラボレーションした新ブランド「花園樹斎」の販売、中田英寿によるトークショーなどが予定されている。


あわせて読みたい

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る 2015年11月11日のファッション記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら