「東京から日本の古着ファッションを世界に」"ストライプ"の新業態「レベッカ ブティック」原宿にオープン

 ストライプインターナショナル(旧クロスカンパニー)が3月12日、新ブランドとなる古着中心の業態「レベッカ ブティック(LEBECCA boutique)」の1号店をラフォーレ原宿にオープンした。アートディレクターにはヴィンテージショップ「グリモワール(Grimoire)」の十倍直昭代表、ディレクターにはファッションブランドのPRディレクターなどを務める赤澤えるを起用し、店舗だけではなくECも並行して展開することで、ストライプインターナショナルの石川康晴社長は「東京から世界へ、日本独自の古着ファッションを拡散していきたい」と話す。




旧クロカンの古着業態1号店オープンの拡大画像を見る

 レベッカ ブティックは、「最近の原宿には色味がなく、危機感を覚えた。ストリートに個性を復活させたい」(赤澤える)との考えから、日の丸の赤をキーカラーにした「TOKYO RETRO」がコンセプト。全体の約7割を占めるヴィンテージ商品は、欧米だけではなく国内からもバイイングすることで「多彩な色味が使われていた昭和のファッションの要素を取り入れた」という。残り3割を構成するオリジナル商品は、欧米のヴィンテージアイテムをベースに、日本人の体型に合うサイズ感を意識。アイテムカテゴリーはワンピースを多く取り揃え、客単価は約1万円を想定する。「将来的には路面店も出せたら」と話す赤澤は、「日本の企業がやる日本の古着屋として、日本人に似合うものを提案していく」と意気込む。


あわせて読みたい

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る 2016年3月12日のファッション記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら