「匠からポップカルチャーまで日本文化を発信する出島に」新生ビームスジャパン館内公開

 "日本をブランディングする"ビームス新プロジェクト「BEAMS "TEAM JAPAN"」の発信拠点としてリニューアルした新宿3丁目「ビームス ジャパン(BEAMS JAPAN)」の館内が、4月28日のオープンに先がけて公開された。プロジェクトのコンセプトが強く反映された地下1階~地上5階の各フロアは、それぞれに食、祭、衣、眼、趣、匠のテーマを設け、日本生まれのモノやコトを編集し集積。総合アドバイザーを務めた小山薫堂氏は、ビームスの設楽洋代表と共に「匠からポップカルチャーまで日本文化を国内外に発信する出島にしたい」と語る。




ビームスのJAPAN発信拠点が公開の拡大画像を見る

 BEAMS "TEAM JAPAN"は、40周年を迎えたビームスの一大プロジェクト。「これまでやってきた世界中のカッコイイを日本に提案することは続けながら、新たに、日本の良いモノがもつセンスや奥ゆかしさを国内も含めて世界に発信していく」(設楽代表)ことを目指し、路面店のビームス ジャパンを一新した。


 「日本の洋食」がテーマの地下1階は、ビームスにとって初のレストラン業態となる「日光金谷ホテル クラフトグリル(NIKKO KANAYA HOTEL CRAFT GRILL)」。日光金谷ホテルの協力のもと、クラフトビールや100年前のレシピが再現されたカレーなどを提供する。1階には日本の今と伝統を感じさせる品々を全国から集め、また猿田彦珈琲のコーヒースタンドを設けるなど「日本の銘品と珈琲」を展開。ビームスならではの遊び心を効かせたオリジナルの新宿土産も並ぶ。2階はドメスティックブランドの売場としてメンズ・ウィメンズの「日本の洋服」を提案。同フロア内には3つの小部屋があり、「テーラー東洋」のスカジャンや「ループウィラー」の別注アイテム、レミ レリーフの後藤豊氏をアドバイザーに迎えて新たに立ち上げたメイド・イン・ジャパンのアイテム群「BEAMS JAPAN」にそれぞれフィーチャーしている。3階は「日本のセンス」をテーマに40周年のコラボレーションアイテムや別注品を集積し、日本が世界に誇るカスタム力を発信するという。4階はトーキョー カルチャート by ビームスのショップで、軽トラやブルーシートの小屋など、造形集団ゲルチョップが手がけた異空間に「日本のポップカルチャー」を豊富に揃える。5階は「日本のクラフトとアートギャラリー」で、職人による工芸品を扱うフェニカ スタジオや、日本をテーマにしたアートスペースとして再始動するBギャラリーを配置。Bギャラリーでは6月7日まで、浅井健一の個展を開催している。


あわせて読みたい

気になるキーワード

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る 2016年4月27日のファッション記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「アーバンリサーチ」のニュース

次に読みたい関連記事「アーバンリサーチ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら