三陽商会が過去最大の113億円赤字、EC専門ブランド含む新戦略発表

 三陽商会が2月14日、2016年12月期の連結決算と新経営計画を発表した。売上高は676億円(前年比30.6%減)、営業損益が84億円、経常損益が81億円で、当期純損失は過去最大となる113億円の赤字に転落。昨年7月、バーバリーのライセンス事業終了や既存事業の業績悪化などにより「中期5ヵ年経営計画」を取り下げると同時に経営改革委員会を設置して構造改革と成長戦略の策定を進めてきたが、新たな事業の開発を含む新経営計画「Sanyo Innovation Project(SIP 2017)」を発表した。




三陽商会が過去最大の113億円赤字の拡大画像を見る

 三陽商会は、ライフスタイル消費財市場において、同社の主要領域である衣料品は市場構成比の45%に留まり、また成長領域の服飾雑貨や生活雑貨領域に対する事業展開が不十分であるほか、主要販売チャネルである百貨店は縮小し、専門店やEC等が市場を牽引しているとし、新経営計画「SIP 2017」ではこれまでの総合アパレルメーカーという立ち位置から、アパレル事業をコアにライフスタイル全般に関わるサービスを提供する「総合ファッションカンパニー」への構造転換をミッションに掲げる。ECや都市型商業施設などの直販型ビジネスや、北米やアジアなど海外市場の開拓による販路の拡大、20代後半から30代の顧客作りに向けてデイリーに着回せる上質なリアルクローズや生活雑貨を展開する新ブランドの開発、「衣・食・住・美・健・遊・知」をキーワードにした新サービスなどを提供していく予定。直営やECにリソースを集中してトップラインの向上を図り、2018年度には営業利益を黒字化、中期的には売上高800億円、営業利益率5%、ROE(自己資本利益率)5%を目指す。


あわせて読みたい

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る 2017年2月14日のファッション記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。