「残しながらも破壊する」2人の日本人デザイナーによる新生コスチューム ナショナルが始動

 日本人デザイナーを迎えた「コスチューム ナショナル(CoSTUME NATIONAL)」が本格的に展開を開始する。ブランドは今春、ウィメンズに「ヤストシ エズミ(YASUTOSHI EZUMI)」の江角泰俊を、メンズに「ファクトタム(FACTOTUM)」の有働幸司を、新クリエーティブディレクターにそれぞれ起用。イタリアのDNAと日本のクリエーションを掛け合わせたグローバルブランドとして新たな舵を切る。




新生コスチュームナショナルが本格始動の拡大画像を見る

 コスチューム ナショナルは1986年にエンニョ・カパサ(Ennio Capasa)とカルロ・カパサ(Carlo Capasa)兄弟によりイタリアのミラノで設立。創業30年の節目となる昨年3月カパサ兄弟が退任し、2010年頃から日本におけるブランド運営およびリテール事業を統括してきたCNジャパンが小売事業を引き継いだ。同時に、今年5月に落合宏理手掛ける「ファセッタズム(FACETASM)」とも資本提携を結んだネクスグループの連結子会社で投資会社のバーサタイルが、コスチューム ナショナルのトレードマークおよび知的所有権、運営権を取得した。

 創業デザイナーのエンニョは、ブランド創立前の20代の頃に「ヨウジヤマモト(Yohji Yamamoto)」のアシスタントデザイナーとして従事。デザイン哲学やデザインアプローチにおいても日本から影響を受けていることから、ブランドとしても日本はゆかりがある地。今回ブランドを刷新するにあたり、コスチューム ナショナルの歴史を理解するとともに、ブランドに新たな風を吹き込む日本人デザイナーとして有働と江角を抜擢した。三河宏彰CNジャパン社長はデザイナー選定にあたり「コスチューム ナショナルにかちっとハマるというよりかは、そこから90度くらいずれた感覚を持ち合わせていてブランドの新たな側面を見せていける2人。ブランドの歴史をリスペクトしながらも、そこを壊すくらいの気持ちで臨んでもらえたら」と期待を寄せる。


あわせて読みたい

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る 2017年8月9日のファッション記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら