2018年にロシアから本格上陸「WALK OF SHAME」のデザイナーに聞く"東欧ブーム"

 ロシア発のファッションブランド「ウォーク オブ シェイム(WALK OF SHAME)」が、2018年プレスプリングシーズンから本格上陸する。手掛けるのは、ファッションエディターやスタイリストとして経験を積んだロシア出身のアンドレイ・アルティモフ(Andrey Artymov)。英語のスラングに由来したユニークなブランド名から、ファッション界の"東欧ブーム"によってロシア風デザインが消費されていることまで、来日したデザイナーに聞いた。




ロシア発「WALK OF SHAME」が本格上陸の拡大画像を見る

 WALK OF SHAMEは、「ロフィシャル ロシア」などの編集者として10年以上のキャリアを持つアンドレイ・アルティモフが、2011年にモスクワで立ち上げたブランド。スリップドレスやシルクパジャマ、キリル文字をプリントしたTシャツなどがシグネチャーアイテムで、ケイティ・ペリー(Katy Perry)やリアーナ(Rihanna)などセレブリティにもファンが多い。


 ユニークなのはブランド名の由来だ。2008年にロシア・モスクワで開かれた夕食会で、アンドレイの親友で現代美術コレクターのシャーロット・フィリップスが、ギャラリーチームにアンドレイを紹介する際に、当時エディターだった彼を冗談半分で著名デザイナーとして紹介した。「何というブランドを手掛けているのですか?」と聞かれ、パーティー好きのアンドレイのために彼女がとっさに思いついたブランド名が「WALK OF SHAME」だった。その夕食会から3年が経った2011年、アンドレイは自身のブランドを立ち上げるにあたり、シャーロットがディナーテーブルで発したジョークを実際のブランド名に採用したという。


あわせて読みたい

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る 2017年11月25日のファッション記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。