お値打ちステーキで接待をハレの場にする銀座「イルモーロ」【連載】ハズさない!接待メシ(5)

過去の連載はこちら

ステーキと言えばアメリカ料理のイメージが根強いのではないだろうか。だが、今回紹介する「イル モーロ」はイタリアのステーキハウス、すなわち「ビステッケリア」だ。美味しい熟成肉も、イタリア料理も楽しめ、しかも場所は銀座のど真ん中。一等地のレストランにふさわしい上質なビステッカ(ビーフステーキ)にありつけるのに、お値段は控えめという、秘密にしておきたくなるとっておきの一軒だ。

トップ画像デザイン:大嶋二郎

チェリー先生

食べ歩き部・部長

東京生まれ東京育ち。10代では外食好きな家族と、20代では目上の方々にあまたの東京レストランガイドをしていただき、30代以降は自分で開拓するのが楽しくなり、あらゆるスタイルの「外食」を楽しんできたグルメ女。プロならではのこだわりが見える瞬間、女王様気分を味わえる接客、味というよりも人に惹かれる瞬間などに魅力を見出し、レストランの楽しみ方を広げている。

お値打ちステーキで接待をハレの場にする銀座「イルモーロ」【連載】ハズさない!接待メシ(5)

「イル モーロ」は旧プランタン銀座に程近い商業ビル・銀座ベルビア館のレストランフロアに位置するが、店内に入ると商業ビル特有のにぎやかさが嘘のように、モダンで開放的な空間が広がる。トスカーナ地方らしい石の壁がシックなメインダイニングを抜けると、もうひとつ、大きな窓にブルーの椅子が映えるスタイリッシュなダイニングが現れる。人数や会の雰囲気によって空間を使い分けられるのも、接待の幹事にとっては嬉しいところだ。


あわせて読みたい

FINDERSの記事をもっと見る 2019年5月21日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。