会社に身を捧げても、自分を気遣って休んでも、死んだら皆同じ。だったら今どうする?【ブックレビュー】

神保慶政

映画監督

1986年生まれ。東京都出身。上智大学卒業後、秘境専門旅行会社に就職し、 主にチベット文化圏や南アジアを担当。 海外と日本を往復する生活を送った後、映画製作を学び、2013年からフリーランスの映画監督として活動を開始。大阪市からの助成をもとに監督した初長編「僕はもうすぐ十一歳になる。」は2014年に劇場公開され、国内主要都市や海外の映画祭でも好評を得る。また、この映画がきっかけで2014年度第55回日本映画監督協会新人賞にノミネートされる。2016年、第一子の誕生を機に福岡に転居。アジアに活動の幅を広げ、2017年に韓国・釜山でオール韓国語、韓国人スタッフ・キャストで短編『憧れ』を監督。 現在、福岡と出身地の東京二カ所を拠点に、台湾・香港、イラン・シンガポールとの合作長編を準備中。

http://y-jimbo.com/index.html

「仕事を休みたいと言うこと」と「死」、避けたいのはどっち?

「休」という漢字は、人が木に寄りかかっているというイメージから成り立っているという。木に寄りかかるようにほっと一息つきたいけれども、自分の心、あるいは外部の状況がそれを阻んでしまう。志村和久『頑張りすぎるあなたのための会社を休む練習』(イースト・プレス)は、そうした状況を解消するための方法を模索した一冊だ。

はたらき方改善ナビゲーターとして活動する著者は、自身も過労による病気や上司からのパワハラを受けた経験を持つ。メーカーに勤務する傍ら、社会労務士試験に合格して労働環境を自ら改善し、その後心理面のフォローの重要性を感じて神経言語プログラミングをマスターし、現在は会社員として働きつつNPO法人POSSEで労働問題の解決支援や心のケアにあたっている。そうした道を歩むきっかけとなったのは、働き盛りな30歳の時に、お腹に腫瘍が見つかったことだという。


あわせて読みたい

FINDERSの記事をもっと見る 2019年6月17日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。